交通事故弁護士で楽しくアクシデントを乗り切ろう

交通事故の対応事例

交通事故の対応を弁護士に依頼した次のような事例があります。

18歳の大学生だったAさんは、バイクを運転中に後方から割り込んできた別のバイクに
接触されて転倒してしまいました。

バイク事故

運悪く転倒した先に車がやってきた為、車とも接触してしまい足にけがを負ってしまいました。

治療後も足に痛みが残り、交通事故の後遺症の認定も出ることになりました。

その頃、加害者側の保険会社から示談金額が提示されましたが、交通事故に関しての知識が
なかったためその金額が妥当なものかどうかが判断できませんでした。

そこで弁護士に相談したところ、年齢が若く未来の後遺症の影響などを考えると、
交渉次第で大幅に示談金が上がる可能性があることが分かりました。

怪我

正式に弁護士に依頼をして交渉をしてもらったところ、最終的には提示された金額よりも
3倍ほど増額された金額で示談が成立しました。

このように、保険金や法律に関する知識がない状態では、本来もっともらえるはずの
ケースでも、加害者側の保険会社の言い値で示談となることも多いのです。

難しい交渉も代行してくれるため、弁護士に依頼することで治療に集中できるという
メリットもあります。