交通事故弁護士で楽しくアクシデントを乗り切ろう

交通事故証明書は交通事故の事実確認を証明する書類

交通事故の発生した場合には、必ず「交通事故証明書」を交付してもらうようにしましょう。
この書類は交通事故に遭遇した方の財産や権利を守るためにつながる重要書類となります。
必ず警察に届出をして、後日交付を受けるようにしてください。

届け出る

交通事故の弁護士が在籍している神戸あさひ法律事務所では、加害者となった方、
被害者となった方の双方からの相談を受け付けており、事故のその後の賠償などに関して
安心できる流れを作れるようなサポートを長年にわたり実施しています。

いつどのようなタイミングで交通事故が発生するのかは、誰にも予測することはできません。
慎重な運転を心がけることや、歩行中のルールをきちんと守ることなどの自衛策は重要ですが、
それでも事故を避けられなかった事案は枚挙に暇がありません。

発生後の適切な対応は、加害者の方にも被害者の方にも欠かすことのできないものですので、
専門知識のある交通事故の弁護士に依頼しましょう。

速やかに交通事故証明書を交付してもらい、相談をお願いします。

早めの相談

実況見分調書の内容で事故の全容がわかる


実況見分調書の作成は、物損事故以外には必ず行われるものです。
当事者となった人(加害者や被害者)が立ち会うことで状況を確実に明らかとして、
どのような過失があったのか、原因となったのは何かを記録として残すものです。

実況見分調書にはそのような特性があるために、示談交渉を行う場合や裁判の際に
過失割合などの立証に強く影響します。

交通事故の弁護士は事故案件の取り扱い経験が豊富ですので、提出された資料をもとに
状況を判断して、適切な弁護活動を行っていくこととなります。

被害にあわれた方、思いがけず加害者の立場となった方など、それぞれの立場に合わせて
交通事故案件の解決に関わって安心できる対応を行うのが「神戸あさひ法律事務所」です。

これまでの取扱事案の積み上げによる豊富な知識や、多くの事案の解決経験を元に
交通事故の弁護が適切なアドバイスを行い、示談や訴訟の進め方などの
事件処理方針を進めていくことができます。